YAMAMOTO kouheiの過言雑言

アクセスカウンタ

zoom RSS 金峰山に行ってきた

<<   作成日時 : 2008/10/13 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大学のサークルOB会山行、今年は奥秩父の金峰山に行ってきた。三連休の初日、10月11日の朝、八王子経由で特急あずさに乗り、塩山へ。約1時間だが、連休とあって甲斐路、信濃路に遊びに行く人で超満員。塩山では車チームと合流。車5台、総勢16人のパーティのできあがりだ。香港に単身赴任の長谷川君の奥方(OG)と小4の子息しゅん君が最年少。還暦を超えた大先輩の三好さんが最長老。あとは50前後のおとっつぁん、おっかさんである。塩山駅近くのスーパーで大量の買い出し。夜は大宴会の予感!大弛峠まで車で30分くらい手前の民宿そばの原っぱを宿営地として、荷物を置いていざ出発。山梨県と長野県を南北に繋ぐ大弛峠は標高2360mで、車で行けるもっとも高い場所らしい。
 峠の駐車スペースに車を置いて、大弛小屋の前でおにぎりを仕込み、国師岳へと向かう。午前中は東京方面は雨だったが、午後は晴れ間が出てきて絶好の登山日和になりそう。木道と階段でやけに整備された登山道を上っていくと前国師に到着。目的地の国師岳もすぐだ。国師岳は標高2,592m。大弛峠からは標高差わずか232mなので、2時間もかからずに国師岳に到着。帰路に2,601m奥秩父最高峰の北奥千丈を制覇して下山。わずか3時間ほどの間に2500メートル級のピークを3つも踏んだぞ!
 宿営場所に戻ってテントの設営やら宴会の準備をして、いざ夜の部へ。バーベキューのあとは、なんとキャンプファイヤーなどしてしまったのである。薪の手配までしていただいて、いつもながら塚田、吉田両君の細やかなる配慮m(_ _)m
  三好長老の「山の歌を歌え」の一声で、おとっつぁん、おっかさんの一団は、たちまち30年もの昔にタイムスリップして合唱をはじめたのであった。たぶん他人が見ると引くだろうな・・・昔はガリ版(古い!)で歌集を作って持って行ったもんな。そういえば塚田夫人の俊子嬢は歌姫だった。さすがによく歌を覚えていました!
紺碧の空と都の西北を歌って、エールで締めるというのは、コンパそのもののノリでしたが、秩父の山奥にワセダの醜態を晒してしまったかもしれない。
 翌朝は快晴だ!6時半頃に野営地を出発して大弛峠に。峠からは林道沿いに駐車の列がずっと伸びていて、大変な混雑だ。なんとか車を止めて、金峰山をめざす。昨日のウォーミングアップでからだは快調。予定より遅れて7時半頃に出発。1時間半ほどで朝日岳に到着。快晴で富士山がくっきり見える。南アルプスの稜線がはっきりと見える。
 せっかく上ったのに・・と愚痴を言いながらガレ場のような道を下って、再び上ること1時間あまり。金峰の肩に到着。ここからは八ヶ岳が間近に見える。アルプスの山々も一望だ。30年以上も前のことではあるが、あの山もこの山も、あっちもこっちも、よく登ったものだ。稜線の岩の道をたどると金峰山の頂上。ごった返すほどの混雑だ。五丈岩まで行く元気はなく、眺めるだけにしておこう。
  午後1時すぎに下山。幕場にとって返してキャンプの後片付けをして、ブドウの直売所でブドウを買って帰宅。帰路の温泉が楽しめなかったのは残念だったが、久しぶりに充実した休日をすごすことができました。塚田君、吉田君に感謝!
  持って行ったカメラのバッテリーが切れて、写真がまったくとれなかったので、携帯で撮った藤の写真だけアップしておきます。行ってきたという証拠にね。

画像


画像


「山の子」と名付けたきっかけはこの歌からです。歌詞を忘れて誰も歌えなかったので、ここに歌詞を書いておきます。このサイトではメロディーも聴けますよ。
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/yamano_kono_uta.htm

  山の子の歌

(1) 歌声が あの小道に響けば
  あの森陰 あの谷間 山にこの歌
  山の子は 山の子は 歌が好きだよ

(2) 雨が降り てるてる坊主が泣いても
  私達は泣かないで 山を見つめる
  山の子は 山の子は みんな強いよ

(3) 雲が去り 青いみ空が 見られりゃ
  歌いましょう 山鳩の兄と妹
  山の子は 山の子は みんな仲良し


  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金峰山に行ってきた YAMAMOTO kouheiの過言雑言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる