YAMAMOTO kouheiの過言雑言

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校野球

<<   作成日時 : 2006/08/06 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日から夏の甲子園が始まった。野球に関心のなかった中学生の娘が、今年は甲子園に行くという。神戸の実家に一人で行って、いとこのお兄ちゃんにつれていってくれるように交渉しているようである。
 
 受験生の息子の学校が今年も出場している。春の大会は優勝。中高をとおして5回くらい甲子園に出場しているような気がする。出場校を見ているとほとんどが常連。連続出場の学校がやたらと多い。トーナメントを勝ち抜いて何度も甲子園を手にするというのは、それだけ他校との力の差が大きいということだろう。プロみたいな学校が多いということだ。息子の母校の横浜高校はプロ野球選手がやたらと多いが、昨日10勝目をあげた西武の涌井投手は高卒後すぐに一軍だから、そういうレベルの選手を擁する学校と公立学校では勝負にならない。横浜高校の場合は決勝戦以外はすべてコールド勝ちで、しかも15点とか20数点という試合もあった。決勝ですら東海大相模高校と15対7で勝っている。

 そういうわけで、地区予選を勝ち上がって・・というのはいささか偽善的であるような気がするが、ゲームという視点からは高校野球は面白い。

 ところで、高校野球の強い学校というのはどういう学校なのかと思っている人も多いだろう。横浜高校の場合、中高一貫の6年コースと高校から入学するコースがある。高校からの入学も、大学進学を前提とするコースと普通コース、それにスポーツコースというのがある。中高一貫や進学コースの生徒は、まずスポーツのクラブには入れてもらえない。ちなみに中学のクラブ活動は、いずれの種目もあまり強くない。

 野球部はスポーツコースで、野球部だけで1クラスになっている。横浜高校の場合は県内や近郊の生徒が多いが、通えない生徒は合宿所で生活しているそうだ。
 野球部は生徒指導にもなかなか厳しいらしい。勉強はどうでもいい、という訳にはいかないようだ。逆に野球の実力のない生徒は、ある時期に野球をやめるように指導されるそうだ。大学進学は保証してやるから野球部を辞めろ、というわけだ。実力のある選手は野球で進学したり就職できるが、力のないものはむりだ。(そのためにも最低限の成績は必要である。)野球を一生懸命やったけれども学業は中途半端、スポーツ推薦も受けられず、受験もうまくいかない。こういう生徒を生まないようにという配慮だという。野球の有名校だから、おのずと野球のうまい生徒が集まってくるが、その中でもセレクトし、甲子園のグランドに立てる者は一握りということになる。その中からさらにエリートがプロに入る。

 横浜高校はプロ選手が多い。西武の松坂、涌井といったピッチャーのほか、横浜ベイスターズには鈴木尚典、ホームランバッターの多村、小池といった野手がいる。涌井と同級の石川という野手もいる。地元球団の人材供給元でもある。
 高校野球は学校の宣伝でもある。箱根駅伝が大学の宣伝であるように。中学に入るときに、「野球部が甲子園に行ったらPTAとして1万円徴収します」という約束をさせられる。PTA会費と同様に銀行から引き落とされる仕組みになっている。予選は決勝戦になると「全校応援」というのがあり、高2生までの生徒が動員されて応援に行く。甲子園には「応援バス」が出る。一人7000円で行き帰り夜行である。中学入学した直後は、甲子園出場記念品のテレカなどが配られたこともあったが、その後、度々出場するので記念品はなくなった。応援も無理矢理動員というのは少なくなったようだ。

 息子はあまり母校の野球には関心がない。野球部は別の学校みたいだという。野球部だけが1クラスで、ほとんどが野球中心に生活している生徒とはほとんど交わりがないらしい。中高一貫コースの中学の野球部で活躍して、高校からスポーツコースの野球部に移った友達がいるが、背番号は19。甲子園のベンチには18人しか入れないので、彼の夏は終わりだ。

 開会式では君が代斉唱と国旗が掲揚され、そのあと国家・国旗批判の先鋒である朝日新聞の社長が挨拶するところからして、甲子園には偽善の匂いがする。選手のエピソードをくさい記事やニュースに仕立て上げるテレビや新聞がそれに輪をかけている。それでも高校野球は格別の面白さがある。青春の刹那を野球に打ち込む姿が、日本人の感性にマッチしているからであろう。

 横浜高校よ。優勝めざしてがんばってくれ!



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 高校野球を冷静に見ておられますね。私など昔からプロ野球より高校野球が好きで、春夏は甲子園の雑誌特集を買い込んで息子(今大学2年)と2人でああでもない、こうでもない、と素人談義をしています。息子と共通の話ができるとは思ってもいませんでした。甲子園では無名の選手がどんどん成長するのが見ていておもしろいし、評判の選手も見ていて、どこが?の目でみています。甲子園は筋書きのないドラマだと思いますが、いかが?
一つの石
2006/08/06 12:29
この記事を書いて翌日、横浜高校は惨敗してしまいました。優勝候補とかいわれながら・・まさに筋書きのないドラマでした。
筋書きのないドラマですね
2006/08/08 19:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校野球 YAMAMOTO kouheiの過言雑言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる