YAMAMOTO kouheiの過言雑言

アクセスカウンタ

zoom RSS 都市の魅力

<<   作成日時 : 2006/06/18 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 仕事柄というのか、けっこういろいろなまちに行く機会がある。47都道府県の県庁所在地にはすべて行ったことがある。かつて共同通信社の依頼で地方紙の「政経懇話会」という集まりの講師によく招かれた。地方紙主催の勉強会で、経営者や首長が対象である。岩手、宮城、秋田、和歌山、群馬、佐賀、等々あまり行く機会のない都市を訪れることが出来て、おまけに新聞社だからいろいろなところを案内してもらえるし、おいしいものも戴いた。最近はとんと機会がなくなったが、ぜひまたお願いしたいものである。それはともあれ、あちこちのまちに行ってきたので、ちょっと雑感をのべてみたい。
 昨日は御殿場に行ってきた。御殿場市では「市民協働型まちづくり」を進めており、そのモデル事業の選考会があった。仕事で3年目になるが、とてもいいところである。第一に人がよろしい。市民の方々といっしょに「市民協働型まちづくり協議会」の運営に関わっているが、みな郷土に愛着をもっており、よきコミュニティが持続している。地域活動に参加している人の割合が7割もあり、「道普請」という言葉が今でも生きている。ようするに力を合わせて地域を守り育てていこうとする気概があるということだ。ただ都市としてみたときはちょっと魅力に欠ける。駅前の商店街は観光地といえないほど寂しい。
 仕事が終わって宿に帰って、温泉に入っていっぱいやる・・そんな贅沢なことができたのは松山である。このまちは本当にいい都市だ。第一にコンパクトである。JRと路面電車の駅と松山城を結ぶエリアに繁華街がまとまっている。足は路面電車である。第二に温泉がある。中心部から道後温泉まで15分ほどしかかからない。入湯料はたしか400円だったと思う。2階には浴衣を貸してくれて、お茶とせんべいがついている大広間の席(800円)と、個室(1500円)もある。第三に食べ物が安くてうまい。生きのいい瀬戸内の魚がとにかく安い。坊ちゃんビールという地ビールもうまいのである。道後温泉本館のすぐそぎに地ビールの店がある。ここで風呂上がりに飲む坊ちゃんビール、マドンナビールは最高だ。
 近年もっとも行った回数が多いのは那覇。このまちもコンパクトだ。中心は国際通り、から松山という歓楽街周辺。モノレールの終点が首里であるが、このあたりは住宅地だが、ななか小洒落た店が点在していてよいのである。終電でおしまい、という習慣がないので、夜が楽しい。泡盛は酔い覚めもよい。観光地なのでホテルも本土のビジネスホテルよりはよほどよくて食事もおいしい。
 富山も好きなまちである。ここも魚がうまいし、路面電車がある。こうして考えると、気に入ったまちの条件は、コンパクトであること、食べ物がおいしいことの二点に集約されるようだ。大都市ではやはり神戸がいい。しばらく生活していたこともあるが、こちらも都市のスケールとしてはコンパクトにまとまっている。東京ナイズされすぎている都市はちょっと魅力に欠ける。盛岡はいいまちだが、繁華街は東京と同じような店が並ぶ。せっかくの個性がまちの真ん中では損なわれているような気がする。森の都仙台も大都市になりすぎだ。同じ東北の県庁所在地でも、秋田や山形は人通りが寂しい。個性のある地域のはずだか、中心都市には個性が乏しい。角館とか酒田とか、歴史のあるまちはそれなりの魅力を醸しているが、中心地は手が入りすぎで魅力を損ねている。
 外から訪れる人にとっての都市の魅力とは都市の個性だ。つまり身近にないものがあるということである。どこでも手に入るものを完璧に備えていても、都市の魅力にはならない。むしろないことの方が新鮮なのである。最近はお国自慢をする人が少なくなったが、富山の人はみなお国自慢をしたがる。こういう都市は訪ねて楽しい。だいたいほめると、いろいろなところに案内してくれるし、おいしいものをごちそうしてくれるからね。コンパクトでおいしいものがあって、できれば温泉が近くて、お国自慢をする人が多い都市。都市の魅力の要件はそういうところにあるのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都市の魅力 YAMAMOTO kouheiの過言雑言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる